夜更けから~夜明けまで

 英語で「夜明け」をあらわす言葉「Dawn」は、「(物事が)分かり始める」という意味を併せもっています。日本語にも「黎明」という言葉がありますね。日の出は、一日の始まりであり、同時に、思考が始まる瞬間を意味しています。
 ただ、悲しいかな、我々はまだ夜の暗闇にいるといわねばならない。
 自衛軍は世界中に派遣されるでしょうし、性や民族を初めとする差別は未だ世界に蔓延している。地球の環境は壊滅的ですし、それに拮抗する倫理もない。

 本音に開き直っている余裕はありません。
 本音を語る人間は全く現実的ではありません。自らを物語化する欲動に酔っているだけのことです。こういう人間が美学的な効果をもつことが問題です。

 青臭い理想を胸を張って語ることが必要とされています。
 それは切実な問題です。それに気付いていない人が多過ぎる。

 私は年の終わりや、新しい年の到来に、全く何の関心もありません。好きな人は、好きなようにすれば良い。そう思っています。
 ただ、私にも何か新しい時代に向かっての祈りはある。
 いや、それは「祈り」といった神秘性を巻き込む「ことば」ではありません。
 私は常に現在的であり、行動しています。それを恥じる事はありません。そう思っています。

 2006年も倫理は漸進します。
 「夜明け」に向かって。
[PR]
by ecrits | 2005-12-31 04:02 | そのほかのこと
<< 芸術における異次元 ~マルセル... 神経症 ~清水覚君に~ >>