格差社会

 NHKスペシャル『急増“働く貧困層”』を見る。
 生活保護水準以下の所得で生活する家庭は、日本の全世帯の十分の一にのぼるというデータが紹介されていた。所謂ワーキングプアの問題が大きくクローズアップされている。

 セーフティネットが機能しなくなるような現状は、雇用や保健の問題を筆頭にこれからもどんどん悪化していくだろうと思う。もちろんそれを政府の失策と非難することは出来ようが、全てを先送りにしてきた今のこの国に(今日ほど国力が低下していることは予想できなかったにせよ)もはや回復の見込みは無いと思う。

 もう一点。
 ポストモダンと言われた時代がやってきたときに、このような現状は容易に想像できたはずだ。
 私は、政治的には共和制を、文化的には貴族主義を支持する。これは、アイロニーではない。
 主体として考えることを放棄してしまった国民にも、その責任はある。
 我々はそろそろ自分の尻は自分で拭くことを学習しなくてはならない。
 現実に今日の現状で最も被害を被っているのは、高齢者(年金生活者)や病気を理由に労働が困難な社会的弱者なのだから。
[PR]
by ecrits | 2006-07-24 04:20 | 身辺のこと
<< 光の庭園 Samuel02226君へ >>